*

アンチエイジングとはどのようなものなのか

アンチエイジングとは

お顔のシミが消えて一安心の女性

アンチエイジングという言葉はここ数年多くの美容誌などで取り上げられており、もう聞きなれた言葉かとは思いますが、ここでは改めてアンチエイジングについて確認の意味も含めて調べたことをご紹介していきます。

アンチエイジングとは抗老化医学(life extension)という医療の研究分野で、積極的に老化を防ぐための行為全般を指しています。

老化と聞くと、お顔のしわとかシミ、たるみやくすみ。太りやすくなったなど、体のたるみやスタイルのなどの体型変化、髪が薄くなったり白髪が増えたりといった、いわゆる年齢を重ねていく毎に悲しいかな変わっていく容姿のことを真っ先に思い浮かべるのではないでしょうか。

しかしそれ以外にも、気力が湧かない、寝ているのに昼間眠い、体がだるい、関節に痛みや違和感を感じるようになった、視力が衰えた、老眼になったなどといった、精神的・身体的な変化も含まれます。

それらの変化に対して事前に、或いは対処療法的に治療やケアを行っていくことが、すなわちアンチエイジングにあたります。

女性の場合、最も気になるのは容姿的な外見面での変化と、更年期による内面の変化ではないでしょうか。老いを感じるのは悲しく淋しいことですからね。

しかし抗老化の研究は日進月歩で進化しているといっていいでしょう。お顔のシワ取りの美容整形技術や器機の進歩には目を見張るものがあります。

もちろん市販のスキンケアにも新しい成分がどんどん取り入れられており、年齢の経過に逆らう味方が身近になっていると言っていいでしょう。

実際に見た目年齢という言葉をよく耳にするようになってきたことからもわかるように、実年齢と見た目から想像する年齢に10歳以上の大きなギャップがある女性も珍しくなくなって来ていますよね。これは一昔前では考えられないことでしょう。

これからもエイジングケア分野は飛躍的に発展していくとは思いますが、誤った情報には注意する必要があります。取り入れる際にはしっかりと調べてからお試しし、本当に自分に合ったものを見つけていくことが大事ですからね。

抗老化医学とは、人間の本来の姿、本来の寿命、至適な状態に心身ともに持ってゆく事を目的とする、医学及び周辺科学をも含む集学的医学である。 その根底は検査学診断学・従来医学を含む。範囲は一般診療科目全部、運動生理学、栄養学+東洋医学、美容外科、美容皮膚科、エステ、アロマ、ハーブ、補助栄養学、代替補完医学、音楽・芸術など多岐にわたる。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/抗老化医学

   

 - 美容法

アヤナス トライアルセット(ovl)