*

コラーゲンとヒアルロン酸の違いとは何か?

コラーゲンとヒアルロン酸の美容効果

健康で潤いとハリのある肌の女性

コラーゲンとヒアルロン酸は、美容成分として広く知られています。どちらの成分も、スキンケア化粧品によく利用されています。

ヒアルロン酸と、コラーゲンは同じような物質だという印象を抱かれがちですが、全く別のものです。お肌の深いところに真皮層という皮膚の層があり、ここにはコラーゲンや、ヒアルロン酸があります。

コラーゲンは格子状に広がっていて、真皮層を覆っています。編み目の一つ一つの中には、ヒアルロン酸を含むゼリー物質が存在します。たるみやしわのない若々しい皮膚でいるには、真皮層の物質が足りていることが大事です。

コラーゲンが豊富に含まれているお肌は、しわのない弾力のある状態をキープできることにあります。肌の弾力を維持したいならば、コラーゲンを供給しておくことがとても大事なことです。

肌の保湿効果を得るためには、ヒアルロン酸の量が多い必要があります。お肌に多量のヒアルロン酸が存在していれば、水分を皮膚の中に留めておくことができるので、肌のしっとりさをキープできます。

コラーゲンと、ヒアルロン酸は、どちらも美容成分として一緒くたに取りざたされることが多いですが、実はそれぞれ異なる成分です。

肌のしわ解消にはコラーゲンが役立ちますし、肌の保湿力を向上させたい場合はヒアルロン酸が適しています。

健康的できれいなお肌を守るには、日々のスキンケアが重要です。ヒアルロン酸と、コラーゲンの性質を理解して肌の手入れを進めていきましょう。

コラーゲン(ドイツ語: Kollagen、英語: Collagen)は、主に脊椎動物の真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつ。多細胞動物の細胞外基質(細胞外マトリクス)の主成分である。体内に存在しているコラーゲンの総量は、ヒトでは、全タンパク質のほぼ30%を占める程多い。また、コラーゲンは体内で働くだけでなく人間生活に様々に利用されている。ゼラチンはコラーゲンを変性させたものであり、化粧品、医薬品など様々に用いられている。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/コラーゲン

   

 - 美容成分

アヤナス トライアルセット(ovl)